12月収穫予定 「小玉 りんご サンふじ 約4.5キロ 20~28玉」 と「 リンゴのレシピ」BOOK 送料無料 葉とらず 信州りんご 減農薬 長野県産 産地直送 | frupronouen

1/19

12月収穫予定 「小玉 りんご サンふじ 約4.5キロ 20~28玉」 と「 リンゴのレシピ」BOOK 送料無料 葉とらず 信州りんご 減農薬 長野県産 産地直送

¥6,000 税込

COMING SOON

2021年11月1日 00:00 から販売

※販売期間・内容は予告なく変更になる場合があります。

別途送料がかかります。送料を確認する

2021年12月収穫予定
「家庭用 葉とらず 小玉 りんご サンふじ 約5キロ」と「リンゴのレシピ」

◆「りんごのレシビ」BOOKについて

書名:「りんごのレシピ」
体裁:本体80頁、オールカラー、A5判
定価:2500円(税込)
発行:一般社団法人CookForJapan

令和元年東日本台風が長野県を襲ったのは、2019年10月13日のことでした。千曲川が氾濫し、甚大な被害が広がるなか、たくさんのりんご農園がその被害に遭いました。

すこしでも被災された農家を応援したいという想いからTwitter上で始まった無料レシピ公開の運動「#被災地農家応援レシピ」にはたくさんのレシピが集まり、その数は100を超えました。

「りんごのレシピ」には、#被災地農家応援レシピ に中心になって参加した #CookForJapan のメンバーだけでなく、ハッシュタグをつけて投稿してくださった料理研究家や一般の方々のレシピも掲載しています。

また誌面にはレシピだけでなく、被災した長野県の1年間を写真で振り返るページや、代表の神谷のメッセージなども収録。

忘れてはいけない被災の記憶もしっかりと留めています。

◇◇◇当農園と「#被災地農家応援レシピ」◇◇◇

当農園も被災した際にレシピ紹介とともに農園の状況などもご紹介いただき、多くの方々よりご支援を頂戴いたしました。シェフの皆様の温かな思いが詰まったレシピを、当農園の「復興りんご」と一緒にお届けいたします。

◆サンふじの発送について
12月上旬から収穫し、順次発送を予定しております。
※農作物なので収穫時期が半月ぐらい前後することがございます。ご了承ください。

◆小玉りんごについて
表面に枝擦れや日焼けの跡がある、形が左右均等でない等、贈答用向きではないものの、食べるのには遜色のないりんごで大きさは通常のりんごより小さめです。丸かじりにもお手ごろな大きさです。お手頃価格でおトクですが、一般の市場には出回りにくい訳あり品です!きれいな見た目のりんごをお求めの方にはオススメできません。

◆減農薬について
当農園では減農薬(通常の1/3)で、なるべく自然な栽培方法で育てています。

◆葉とらずりんごとは
通常の栽培方法では、りんごの実の周りの葉を取り除き、均等に日光を当ててムラのない赤色のりんごに仕上げます。
葉とらず栽培は、見た目より味を重視した栽培方法。名前の通り収穫まで葉を残し、葉から養分を作るという本来の役目を生かしています。
葉の陰になったところは色ムラになりますが、甘みも栄養価も増した美味しくてジューシーなりんごになります。

◆保存方法
冷蔵庫の野菜室や温度の低い冷暗所で保存してください。
また、りんごはエチレンガスを放出するため、冷蔵保存の場合ポリ袋かラップにて密封することでその他の野菜、果物に影響が出るのを防げます。

※蜜について※
サンふじは蜜が入りやすい品種となります。ただし、個体差があり蜜が入らない場合もあります。また、蜜は時間の経過とともに、リンゴに吸収されてなくなります。

◆台風19号 災害復興支援について

▼2021年10月現在のフルプロ農園について
ーーーーーーー
2020年はフルプロ農園をご支援いただき、ありがとうございました。
皆様より寄せられた暖かなご支援により農園を存続することができました。
これからはフルプロ農園も皆様と一緒に地域の復興にも貢献して参ります。
ーーーーーーー

▼りんごを食べて被災地支援
復興支援りんごをご購入いただくと、売り上げのうち25(ふっ・こー)円分が2019年の台風19号で被災した地域への寄付になります。
フルプロ農園は、2019年の台風で千曲川が決壊・水没した地域に位置しています。あれから1年以上が経ち、決壊した堤防は再建され、水没した畑にもまたりんごが実るようになりました。
しかし、水没した民家などの再建はまだ始まったばかりで、復興はまだ完全には終わっていません。
復興支援プロジェクトでは、フルプロ農園だけでなく同地域で復興支援活動をしてきた団体にも寄付されます。

団体紹介:
「Hundred Hands(ハンドレッドハンズ)〜百の被災地域と繋がる100の手〜」
発災直後から、地域で炊き出し支援を行い、多くのボランティアが集まり、1,000食以上を提供してきた。
炊き出し支援終了後も、「食」を通じた活動を展開。一例として、子ども食堂「もんも」を開き、地域の農家さんが育てた食材で食事を提供したり、防災について考え、継承する活動などを行っている。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥6,000 税込

COMING SOON

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品